記事のアーカイブ

雨降る金櫻神社 紅葉の様子

2017年10月15日 12:37
今日の金櫻神社。雨が降っているので参拝者の方は少なめでした。紅葉は画像の通りですが、石段方面の紅葉が進んだと思います。すみません。管理人今日はこの後昇仙峡ロープウェイの山頂にある八雲神社の例大祭へ行ってしまったので画像が少ないです(^^;) 

竜神池と杉

2017年10月09日 12:47
こんにちは(#^^#)先ほど昇仙峡の荒川ダムから板敷渓谷立ち寄り、その後黒平経由で金櫻神社まで行ってきました。途中の道のりで、紅葉が始まっている箇所があり、ドライブ楽しかったですよ。さて、最近神社の様子と言えば、紅葉の話ばっかりだったので今日は竜神池の周りを撮影してきました。竜神池の周りには天然記念物の杉の木があります。以前というかかなり前に杉の木の根っこ辺りに巨大なきのこが生えてきたのをご紹介しましたが、今日は竜神池の畔に巨大なきのこが生えているのを発見しました。杉の木の根っこがここまで来てるから?なんて話になりましたがそうかもしれませんね。 

紅葉の様子 10月7日

2017年10月07日 15:07
こんにちは(#^^#)今日は天気がこんなに良くなるとは思っていませんでした。気温も上がり、過ごしやすい日になりましたね。さて、昨日までは朝晩が寒く一気に冷え込んだという感じがします。その影響か山々の木々の色づきがぐっと進みました。金櫻神社まで行く道のりの様子もかなり変わり、秋になったな~と感じた管理人です。

初宮参り

2017年10月07日 15:05
久しぶりに初宮参りのご参拝にお越し頂きましたご家族の方々のお写真を撮らさせて頂きました(*^_^*)誠におめでとうございます。お子様の健やかなるご成長と、ご家族の皆様のご多幸・ご健勝をお祈り申しあげます。※とっても皆さんニコニコされていて、管理人もほくほくした感じになりました。優しいご家族に見守られてお子様も幸せですね(#^^#)

今日の金櫻神社 9月29日

2017年09月29日 13:11
こんにちは(#^^#)いい天気の山梨です。朝昇仙峡観光協会のライブ画像で富士山が見えるかどうか確認したら、今日も見えていたのでちょっと金櫻神社まで行ってきました。秋になると空気が冷たくなるので、富士山が見える確率が上がるんですよね。この富士山が見えるとラッキーと思う管理人です。また、境内にある木々も少しずつ色づき始めています。裏の山の木も紅葉が進みましたよ。後二日で9月も終わり。いよいよ10月に入ります。そろそろ七五三の準備かな?我が家の娘は来年が七五三です。でも、その前にお正月があるのでそこで孫に袴を履かせたいと思っている祖母がいます。その祖母も私もお正月は神社に張り付いているので、いったい

10月は神社に神様が不在になる?

2017年09月24日 12:00
10月は神社に神様が不在になる?神無月だから10月は神社にお参りしても神様がいないから・・・と。こちらの考え方には諸説あるそうです。今日宮司様がいたので聞いてみました。旧暦10月。全国の八百万(やおよろず)の神々が出雲の国に集まる月で神様が留守になるので神無月と呼ぶ。実際神様が神社を留守にすることは無く、分身が出雲の国へ行っているという解釈になるそうです。また、「新穀で酒を醸すことから、カミナヅキ(醸成月)」という解釈もあるとのこと。他にも神無は当字なり。醸成月の義。万葉集十六十三、「味飯を水(酒)に醸成(かみなし)、云々」十月は翌月の新嘗の設けに、新酒を醸す月の義。と記載のあるものもあります

黒戸奈神社

2017年09月21日 14:45
今日は管理人、昇仙峡の板敷渓谷へ行ってその後黒戸奈神社へ再度立ち寄ってきました。前回は撮影だけしてそのままでしたが今回は黒戸奈神社の本殿にある見事な彫刻について宮司様に色々と教えて頂くことができました。※昇仙峡観光協会の記事と重複します。画像はちょっと違います。黒戸奈神社の本殿正面には鳳凰がまずあります。鶴なのか鳳凰なのかどっちかな?と思ったら「鶴の場合、足が長く首も長い」とのこと。こちらの彫刻は首が短いので鳳凰だろうと。鳳凰の後ろには鯉が彫刻されています。見事な浮彫。向かって右手は箏を弾く男性と龍が彫られいて、その脇には鶴が彫られいます。向かって左手には女性を流れる川。これは曲水の宴だろうと

今日の金櫻神社

2017年09月21日 14:43
こんにちは。管理人今日は本職で夏休みを頂けたので、金櫻神社に行ってきました。富士山も見えて紅葉も進んでいました。山に木の間伐も進みました。ちょっと来ないと一気に色々進むので来るのが楽しいです(#^^#)

金峰山 昔あったお社

2017年09月17日 11:32
9月2日に登った金峰山の写真をプリントアウトして神社に届けました。そこで、今回登山できなかった責任総代様が写真を見ながら説明をしてくれました。金櫻神社の本宮がある場所に石垣があります。この石垣の上に昔お社があったそうです。どうやってこの石垣を積み上げたんだろう?って。金峰山は低い山ではありません。昔の方の信仰心ががどれほど強いものだったのかをこの石垣を見て考えさせられた管理人です。 

ちょっと工事中

2017年09月17日 11:13
こんにちは(#^^#)先ほど雨が降ってましたが金櫻神社まで行ってきました。境内の奥側に重機が入っています。境内裏手の山の木を間伐するそうです。木が生い茂っているので光が届かない場所が多くなっています。育ちの悪い木や枯れかかった木、育成に邪魔になるを間伐することによって山の中の空間を作り多くの光を取り込む事ができ、木は健康に育つってことですね。しばらくの間皆様にはご迷惑をお掛けいたしますが何卒よろしくお願い申し上げます。※新しいおみくじがありました(#^^#)お正月が楽しみな管理人です。
アイテム: 1 - 10 / 218
1 | 2 | 3 | 4 | 5 >>