記事のアーカイブ

7月1日 本宮祭と月次祭

2020年07月01日 19:56
7月1日 本宮祭と月次祭こんばんは。本日金峰山登山安全祈願祭=本宮祭と月次祭が執り行われました。金峰山・富士山遙拝所の入口に綱が張られ、入口の綱を猿田彦神が綱切りを行いました。猿田彦神は、神社の祭礼の時、行列の先導をする者=道案内をする者と言われています。皆様が安全に登山できますことを心よりお祈り申し上げます。

西村権現社

2020年06月30日 17:17
先日金櫻神社に取材に行ったときの様子です。今回は、本殿の裏側の山にある西村権現社の撮影に来ました。こんなに巨大な岩があった事に今まで気づかなかった管理人です。とにかく大きいですよ。金櫻神社にお越しの際は、是非見て欲しいです。

諏方南宮上下大明神の旗

2020年06月30日 16:39
諏方南宮上下大明神の旗金櫻神社の宝物として「諏方南宮上下大明神の旗」があります。この度、その旗が絹で作られているためこれ以上痛まないようにと綺麗に表装されました。この旗は武田信玄に由来するものでございます。詳しいことは現在分かりませんが、元々金櫻神社は武田家代々の祈願所だったので、この旗が納められていたと思われます。中々興味深いお話を志村宮司より聞かせて頂いたので、管理人更に調べてみました。すると、下記HPを見つけることができ、旗が作成された由来を知ることができましたので、掲載させて頂きます。以下HPより諏方神号旗(すわしんごうき)は、山梨県甲州市塩山上萩原の雲峰寺に伝わる旗。諏訪法性の旗とも

夏越の大祓

2020年06月30日 16:21
金櫻神社 夏越の大祓本日雨の中ですが、滞りなく神事が執り行われました。今回は雨が降り茅の輪くぐりは出来ませんでしたが、半年間の穢れを祓い、無病息災のお祈りをさせて頂きました。また志村宮司より『拾遺和歌集』に「題しらず」「よみ人知らず」として、「水無月のなごしの祓する人はちとせの命のぶというふなり」という歌の意味のお話をして頂きました。蘇民将来のお札を配布させて頂いた時は、目に見えない物に敬意を払う、誠意を示すということが神仏に対する礼儀である事もお話しして頂きました。神社にお邪魔させて頂くと色々なお話を聞かせて貰えるので勉強になります。今日もありがとうございました。

お宝発見!

2020年06月21日 12:16
お宝発見!倉庫を掃除していたら、銅板の社紋が出てきました。どこに付いていたのかな?と思い、志村宮司に聞いてみたら、お賽銭箱や神輿の傍に付けられていたかもしれないねと。古いものだから、見つけてくれてありがとうとお礼を言って頂けましたよ。

参拝者の方々

2020年06月21日 12:08
こんにちは。今日は昨日植えた櫻の木の周りの草むしりに行ってきました。梅雨なのですが、天気も良く作業が出来ましたよ。参拝者の方々も県外車が増え賑やかな境内が戻って来ています。

ソメイヨシノ奉納

2020年06月20日 17:11
今日金櫻神社へ孫の誕生記念に頂いたソメイヨシノを奉納させて頂きました。場所は階段下にある昇龍と降龍が設置されているところの右側です。左側には立派な八重桜とソメイヨシノが植えられています。その木の様に立派になるには何十年とかかると思いますが、孫の成長と共に楽しみに見守りたいと思います。 

ムネクリイロボタル

2020年06月20日 17:05
こんにちは(#^.^#)午後から金櫻神社へ行ってきました。そこで、売店の中にいた虫を発見!「蛍?」って聞いたら違うでしょ~と。で、帰ってきてからネット検索したらどうやら「ムネクリイロボタル」っぽいですよね。神社にも蛍いた!川の水がきれいだからかな?

西村社

2020年06月11日 20:02
本日「西村権現社」を建立する儀式が執り行われました。  今回「西村権現社」を新たに祀った場所は元「西村社」が建立されていた土地であります。この「西村社」は金櫻神社の真裏に当たり神域をお護りしていましたがお社が朽ちてしまったため、新たに建立させて頂きました。新たに祀った神様も往先永く守護神として鎮まります様に神社関係者が御祈願をさせて頂きましたことをご報告申し上げます。

夏越の大祓い

2020年06月11日 20:00
今日金櫻神社で夏越の大祓いで使用する茅の輪の準備が整ったと「画像が送られてきました。茅の輪くぐりは、正月から半年間の穢れを祓い、残り半年の無病息災を祈願するという意味があります。基本的に6月30日に行われます。
アイテム: 1 - 10 / 503
1 | 2 | 3 | 4 | 5 >>